タック保健指導支援システム

製品概要

メタボ体策に関わる保健指導者の事務作業を効率的にサポート。

高齢者の医療の確保に関する法律により、平成20年4月から、
医療保険者(国保、被用者保険)に対し、
40~74歳の加入者(被保険者、被扶養者)を対象とする
内臓脂肪型肥満に着目した生活習慣病予防のために健康診査(特定健康診査)
及び保健指導(特定保健指導)の実施が義務づけられることになりました。
よって医療機関、健診機関の社会的役割も重要なものとなっています。
プロセス評価からアウトカム重視のニーズに対するサービス提供は、
ITの活用が大変重要になってきています。
そこでタックでは、それに対応するために「タック保健指導支援システム」を開発しました。
この「タック保健指導支援システム」の導入により、
「保健指導対象者の煩雑な管理を効率的な管理へ」、
「標準的な健診・保健指導プログラム(確定版)準拠」、「複数スタッフ間の情報共有」が可能となります。

機能概要図

機能概要図

このページのトップへ