TAK Recruiting Site
TAK Official Site Recruiting Top Career Recruiting
     
採用ビジョン 教育研修制度・階層教育 社員紹介 福利厚生など 数字でみるタック FAQ セミナー・スケジュール 合同会社説明会 募集要項 エントリー
Interview 01 Interview 02 Interview 03 Interview 05 Interview 06
大切なのはお客様との信頼関係。良好な関係があるからこそ評価や感謝の声がいただける。   Interview 05 Photo
Photo

 
先輩社員から学べる環境
入社以来、自社パッケージ製品『タック総合健診システム』の開発・導入を担当している野村。「入社時は覚えることが多くて大変でしたね。知識がないため、お客様先へ伺う際も事前準備が必要でした」と語る野村が驚いたのは、キャリアが近い2~3年目の先輩たちの知識の豊富さ。「先輩方はどなたも話しやすく、いろいろと学ばせて頂きました。親身になって指導してくれる温かさもあります」と野村が言うように、社員の成長を後押しする環境がタックにはある。その環境下で知識を蓄え、2年目に1日約500人の健診を行う病院への導入プロジェクトに参加した。システム開発、お客様先での操作説明、既に導入していた他社システムとの連携等の業務を担当し、知識・スキルが着実に向上。大規模なプロジェクトのメンバーとして経験を積むことで、自身が驚かされた先輩の知識レベルに追いついていった。
任されるからこそ得られる自信
多くの導入実績を誇る『タック総合健診システム』。導入する病院の規模も様々だ。小規模な案件については、最初の打ち合わせから最後の稼働まで一人で担当することがほとんどである。入社3年目。野村は初めで開発・ 導入を完結させるプロジェクトリーダーを任された。「このプロジェクトで得られたものは大きいです」と野村。いつしか事前準備の必要がなくなり、お客様の質問にも即座に答えられるようになったという。「経験を積むたびに、様々な提案ができるようになりました。お客様の評価もその場で瞬時に得られたので、手応えと自信も感じられるようになりましたね」。導入後にはお客様より「病院のスタッフと良い関係を築きながら進めてくれた」「ときには夜遅くまで妥協せずに取り組んでくれた」など数々の評価を得た。同僚からの技術的な質問にも即答できるようになり、社内での評価・信頼も上昇。若いうちから仕事を任され、その経験から達成感や自信が得られるのもタックの特徴である。
  Photo

Photo  
信頼関係をいかに築くか
最適な提案を実現するには、お客様との関係作りが欠かせない。「お客様と話をすることが好き」と言う野村が心がけているのは、最初の挨拶を笑顔で行うこと。そして、お客様先で仕事をしている際に常に元気な表情を保つこと。 それらを実践することでお客様と信頼関係が築かれ、より深いニーズをつかむことができる。また、導入もスムーズに進行していくと語る。そうして構築した信頼関係は導入後も続く。タックには導入後のアフターフォローを担当するサポートチームが存在するが、「野村さんが一番わかってくださるので」とお客様より直接連絡が入ることも。これは、野村がお客様と確かな信頼関係を築いている証であると言えるだろう。
プライベート
「オフでは録りためておいたテレビ番組を見たり、友人たちとショッピングに行ったり。ネイルも好きで週末はよくやっていますね」。自分の時間を満喫して十分なリフレッシュができることも、野村の活力源になっている。
かっこいいお母さんに
現在は複数のプロジェクトリーダーを兼務する野村。将来の目標について、次のように語る。「いずれは子どもを産みたいと思っています。サポートチームに、お子さんがいる女性リーダーがいます。私も同じような活躍ができればと思いますね。そして、子どもから『お母さんかっこいい!』と思われる存在になりたいです」。