沿革

1976年3月
イビデン株式会社の電子計算室を母体に、株式会社イビデン計算センター設立
富士通株式会社製汎用機(Mシリーズ)を使用した計算処理サービスを開始
1984年6月
岐阜県情報産業協会に入会
1985年5月
現在のタック株式会社に社名を変更
1985年11月
資本金を2,000万円に増資
1988年8月
電算センター開設
1989年3月
通産省システムサービス企業登録
1989年5月
大垣商工会議所会員に加入
1989年10月
郵政省一般第二種電気通信事業登録
富士通株式会社とのディーラー契約締結
1989年12月
通産省情報サービス業電子計算機
システム安全対策実施事業所認定
1990年12月
資本金を6000万円に増資
1994年6月
パッケージソフト「タック総合健診システム」発売
1996年11月
ソフトピアジャパンに新社屋を竣工
本社を全面移転し営業を開始
1997年10月
富士通株式会社製汎用機GS8300/10Sを導入
2000年8月
品質マネジメントシステム審査登録制度適合事業所
ISO9001/9002認証取得
2002年9月
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS Ver.1.0)適合認証取得
2006年4月
プライバシーマーク使用許諾証取得
2006年11月
電算センターをデータセンターに名称変更
2007年11月
パッケージソフト「タックリハビリテーション支援システム」発売
2008年3月
パッケージソフト「タック保健指導支援システム」発売
イビデン&タック ソリューションプラザ(ITプラザ)開設
2009年4月
東京開発センター開設
2011年4月
東京開発センターを上野開発センターに名称変更
2011年10月
福岡事業所開設
2014年4月
クラウドサービス「健診Webソリューション(ドックの扉)」開始
2016年10月
パッケージソフト「タック電子カルテシステムDr.F(産婦人科・不妊治療施設向け)」発売
2018年2月
「健康経営優良法人2018(大規模法人部門(ホワイト500))」認定
2018年10月
クラウドサービス「健康リスクマネジメントサービス」開始
2019年2月
「健康経営優良法人2019(大規模法人部門(ホワイト500))」認定
2020年3月
「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」認定
2021年3月
「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」認定
2021年4月
上野開発センターを東京ソリューションセンターに名称変更
パッケージソフト「タック総合健診システム Ver.5」発売
クラウドサービス「タック健診クラウド」開始