健康経営

ヘルスケア分野の製品を販売する企業として

当社は、ヘルスケアソリューション事業の展開や社員の健康増進にも積極的に取り組んでいます。

タック株式会社
健康経営宣言

当社の企業理念「タックの財産は人です」にもとづき、社員一人ひとりの健康は会社の成長の源ととらえて、心身ともに健康で活き活きと働き、良いパフォーマンスを発揮できるよう支援します。

タック健康増進5カ条

第1条 心と身体のセルフマネジメント 受診率100%維持
第2条 笑顔で挨拶良いコミュニケーション 自分から進んで挨拶
第3条 適度な運動の習慣化 1回30分・週2回
第4条 メリハリのある効率良い働き方 有休取得率72%以上
第5条 規則正しい生活 食・眠・歯磨きの習慣化

イビデングループの健康経営宣言を受けて、「タック健康増進5カ条」による健康増進活動を進めていきます。

2019年10月1日
代表取締役社長 髙橋 繁樹

健康経営推進体制

2018年4月に健康経営推進室を設置し、イビデン健康管理推進センターの産業医、保健師、イビデン健康保険組合とともに、健康管理を推進しています。また、2017年より、健康保険組合主導のウォーキングイベント『歩活』をスタートし、グループ会社一体となった活動を継続的に実施しています。2018年10月からは、当社開発の健康増進アプリを活用し、独自のウォーキングイベント『TekuTekuチャレンジ』と銘打ちまして年間を通して健康増進活動を展開しています。
第3回以降は社員に限定せず、同じ職場で働く協力会社、パートナー全員を対象に、イベントを実施しています。

第1回
2018年10月
第2回
2019年3月
第3回
2019年9月
第4回
2019年12月
Tekuteku
チャレンジ
参加率 94% 95% 94% 94%

健康管理・メンタルヘルスに関する状況

メンタルへルスについては、当社製品「じぶんでできるメンタルケア」を活用して、ストレスチェックを年1回実施しています。また、全社員を対象にして、管理職、一般職及び新入社員の各層毎にメンタルケア研修を毎年実施しています。さらに、毎月仕事や心と体に関する簡易アンケートから社員の状態を把握して、不調者を早期発見し、専門家(精神科医、心療内科医など)によるフォローアップを行っております。

健診専門施設・EAP、企業・団体向け
じぶんでできる
MentalCare
資料ダウンロード オンラインデモを予約する

メンタルヘルス不調者の発生予防を支援し心豊かな社会の実現に貢献するクラウドサービスです。

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
健康診断/
人間ドック
受診率 100% 100% 100% 100%
ストレスチェック 受診率 95% 78% 89% 86%

従業員の
健康リテラシーの向上

ヘルスケアを一事業としており、社員の医療・健康に関する知識は必要不可欠です。「医療情報技師資格」や「メンタルヘルス・マネジメント検定」など知見の向上に積極的に取組んでいます。メンタルヘルスケアやマインドフルネス、女性のライフサイクル・ホルモンについてなどの研修の他、「食」改善のために「オフィスおかん」の導入、身体計測し”判る化”する「体組成計」の導入などを通じて健康リテラシーの向上を図っています。

健康経営優良法人2020(大規模法人部門)認定

当社は、2020年2月に経済産業省及び日本健康会議主催の「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定されました。※2018年2月より3年連続認定

健康経営優良法人2020とは

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組みや日本健康会議が進める健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営優良法人の認定にあたっては、①経営理念(経営者の自覚)、②組織体制、③制度・施策実行、④評価・改善、⑤法令遵守・リスクマネジメントという観点を評価し認定します。