経営理念

タックは技術・知恵・人財からなる
プロフェッショナル集団として
顧客満足、社会貢献を目指します。

タックの前身である株式会社イビデン計算センターは、1976年にイビデン株式会社の電子計算室を母体に設立され、
富士通(株)製汎用機(Mシリーズ)を使用した計算処理サービスをスタートさせました。
そして、1985年5月に現在のタック株式会社に社名を変更。今までの歴史の中で一貫して大切にしてきたのが「人財」。
顧客満足、社会貢献を目指す当社にはなくてはならないものとしてとらえ、それを最大の武器として展開しています。

タック経営理念

Technology And Knowledge 技術×知恵 タックの財産は人です。社員の能力と個人を尊重し、明るく働きやすく魅力のある知的企業をめざし、常に「考えること」「学ぶこと」「想像すること」を心がけ、情報サービスのプロとして「技術」と「知恵」を顧客に提供し、社会に貢献する会社にします。